現在、日本ではエステティシャンを認定する国家資格はありません。特別な資格がなくてもエステティシャンとして働くことができます。資格が不要とはいっても、エステティシャンは直接人の肌に触れて施術を行うため、確かな知識や技術が必要となる職業です。エステティックサロンの中には、未経験者を受け入れて自社で養成していくところもあります。エステの需要が高まっているため、異業種から未経験で転職する人も増えています。リンパドレナージュが評判のエステサロンにも転職する人が増えています。
国家資格はありませんが、民間の組織が認定する資格いくつもあります。中でもよく知られているのが、一般社団法人の日本エステティック協会が認定する「認定エステティシャン」で、技術試験と筆記試験によって合否が判定されます。
資格が必須でないということは、逆にいえば、資格を取ることで確かな知識や技術を証明できることになります。よりよい条件で働きたい、あるいは自分のサロンを開きたいというような場合は、やはり民間指定の資格を持っていた方が有利と言えるでしょう。

PR|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|心の童話|英語上達の秘訣|オーディオ|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|初値予想|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|