セラピストとは身につけた知識と技術を使用して、生活の悩みを持つ人の精神サポートし、解決する人の事で、体を動かしたり、心身に働きかけることで回復をサポートします。

セラピストは、いくつかに分類されます。

リラクゼーションセラピストは、安らぎや癒しを与え、元気にします。ボディ系セラピストは、体の痛みの原因を知り処置を行い、癒しを与えます。国家資格は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などで民間資格は、整体師、リラクゼーションセラピスト、アロマテラピスト、、エステティシャン、介護セラピスト、リンパマッサージ、足ツボマッサージなどです。ビューティ系セラピストとは、表面的な美しさだけでなく、心の美しさまで治します。心理系セラピストは、心理的な負担を軽減すると同時に癒しを与えます。国家資格では、理学療法士、民間資格では、臨床心理士、音楽療法士、カラーセラピスト、心理カウンセラーなどです。エネルギー系セラピストは、気などのエネルギーを使います。民間資格では、ホットストーンセラピスト、フラワーエッセンスセラピスト、ホメオパスなどです。

セラピストになるには、ほとんどのセラピストは独自の資格試験を設けている事で、技術や知識を判断し資格を取得する事です。ほとんどの場合は学校に通い、資格の取得を目指します。また、通信講座もあります。その内容は、 講座を修了すれば資格取得できるものや、一定の課題をこなすと資格を与えられるものなどがあります。その他、メディカルリンパ資格の学校もあります。実際に働きながら技術を身につける方法もあります。